職場確認なしの消費者金融なら審査に不安がない

244
消費者金融の審査では必ず本人確認をしなければなりません。
本人確認とは、申込をした人が実在の人物であり、なおかつ申込の時に入力したデータが本当であるかを確かめる調査のことです。
このうちの一つに職場への在籍確認というものがあります。
これは文字通り、申込者が申告した職場に電話をして、本人が本当にそこに在籍しているかを確認をします。
これは消費者金融の本人確認の方法としては一般的なもので、どこの会社でも行っている普通のことですが、利用者としてはこれに不安を抱く人もいます。
その理由は、在籍確認の電話によって周囲の同僚にバレてしまうと考えるからです。
だから職場確認なしがいいという人も出てきます。
これについてはどう考えるべきでしょうか?
現実からいえば、書類だけの本人確認を行って職場確認なしというところもありますので、どうしても勤務先に電話されるのが嫌ならそういうところに申し込むのも一つの方法です。
しかし一部を除いては、ほとんどの消費者金融で在籍確認の電話は行われますので、それが普通だということは、それなりにバレないようにプライバシー保護がなされていると考えることもできます。
実際に勤務先に電話をするといっても、あくまでも個人名を名乗って行われるため、消費者金融の会社名が知れ渡ることはありません。
加えて、業者のほうでも利用者がバレたくないという事情はよく分かっていますので、それに配慮した電話のかけ方を行ってくれます。
消費者金融としても、在籍確認をすることで利用者が減るのは困ることなので、そのあたりの配慮は十分に注意しています。
ですから、職場確認なしで審査を通過することが無理であっても、さほど心配する必要はありません。

脱毛するならミュゼ http://www.crforum.org/

来店不要の消費者金融でも職場確認なしの利用は無理?

今の消費者金融はどこでもネット化が進んでおり、契約における手続きのほとんど、あるいは全てをネットで済ませることができるようになりました。
それは申込をすることから、審査を行うこと、契約を完了させるところまで、全てをネットで済ませることが可能になったのです。
ネット契約が可能ということは、来店不要で借入ができることを意味しています。
昔のようにわざわざ消費者金融の店舗の窓口まで行かなくても、パソコンを使って自宅から申込と契約ができるのです。
これほど便利になった消費者金融ではありますが、しかし、どうしても一つ避けて通れないものもあります。
それは、職場への電話連絡です。
これはいわゆる在籍確認と呼ばれるものですが、本人が申告した勤務先が本当かどうかをチェックするためのものです。
この調査だけはネットサービスに収めることはできず、必ず担当スタッフが電話をかけて確認することになります。
したがって、職場確認なしで消費者金融からお金を借りることはできません。
本人が職場確認なしを希望するかもしれませんが、業者としては本人確認ができないとまったくの無担保で貸すことになってしまうので、その希望は通りません。
消費者金融はただでさえ不動産などの担保を求めず、また審査では雇用形態についても厳しく問うことはしません。
でもその代わり本人確認を行って信用を担保にして貸しているのですから、それもできないとなると、リスクが大きいだけではなく、利用者を保護しながら融資するという責任も放棄することになってしまいます。
よって、どこのサラ金であっても職場確認なしで借りることはできないと思ってください。
利用者としては、電話確認されることで周囲にバレてしまうことを恐れるかもしれませんが、業者は会社名を使ってかけるわけではありませんし、自分が電話に出られる時間を指定してかけてもらうこともできます。